目玉焼きは私の心のバイブレーター

 また朝を迎え1日が始まりました。

私の朝市にやることは、旦那さんを起こしに行き子供達の面倒を見てもらうこと。

面倒を見てもらっている間に、家族の朝ごはんを作ります。

まずは子供達のご飯を作りその後旦那さんのご飯を作るのですが、旦那さんは目玉焼き

の半熟が好きなので目玉焼き付きの朝ごはん。

目玉焼きって簡単ですが、半熟にするには結構タマゴの焼き加減が重要なのでちょこち

ょこ見ておかなければいけません。

 今朝、ちょうどタマゴを焼いている時に旦那さんとケンカになりました。

ケンカと言ってもちょっとした旦那さんへの説教。

ケンカの理由は、9ヶ月の長女のこと。

9ヶ月の長女は最近よくハイハイで動き回るので、目が離せません。

なのでちゃんと見ておいてくれと旦那さんに言ったのですが、タマゴをフライパンに入

れたと同時に娘が紙をお口に入れてナメナメしているではありませんか。

紙って舐めてると破れてしまって、そのまま食べちゃって消化不良を起こします。

身体にはよくないことで、赤ちゃんがそれを食べるということは大人が体調不良を起こ

すよりもひどくなります。まして生死に関わることになるかもしれません。

それなのに、娘がお口に紙を入れている〜!!

旦那に娘が紙を食べてることを言うと...

旦那:「うん」

私:「うん、じゃねぇえよ〜!!怒」

それから旦那に説教をして2〜3分。

普段、男として旦那さんとしてパパとして優しくしっかりした人なのですが、今日ばっ

かりは怒りました。何を考えてんだか。

そうこう説教してるうちに、フライパンの目玉焼きが半熟ではなく焼きすぎで固くなっ

てしまいました。イライラしてると丁寧に作ることなんか出来なくなります。

最近、目玉焼きの半熟率が低い私。

旦那さんに「最近半熟じゃないね」って言われます。

新しくいろいろなことが始まる来年。

最近バタバタしてる私。

心に余裕がないのでしょうね。

目玉焼きが毎日の私の心を現してくれます。

半熟率を上げるべく日々精進です。