新生児黄疸から疑われる肝機能障害

 7ヶ月の娘は、生まれた当初黄疸は無かったのですが、生まれてから1週間後から少

しずつ身体が黄色くなって、顔も目も黄色くなって黄疸が出はじめました。

助産師さん曰くアジア人の子供は黄疸が出やすく、黄疸は足から徐々に上に上がって

最後に目に出て次第になくなるとのことでした。

生後1ヶ月検診で、医者からまだ黄疸が残ってるから詳しく検査した方がいいと言わ

れ、大きな病院で専門の先生に診てもらうことに...

 検査は、専門医に日々の子どもの様子を聞かれたり、腹部の触診、そして血液検査で

した。子供はすごく元気で、腹部の触診も異常なしでしたが、血液検査で引っかかりま

した。血液検査の結果は、黄疸の数値を表すビリルビン値・ALT・ASTが基準値よりも

高いとのことでした。黄疸は、完全母乳の時は無くなるのが遅くなるとのことでした。

ALTとASTというのは、肝機能に何かしらの問題があるときに数値が高くなるとのこと

で、もしかすると肝臓に問題があるかもしれないとのことでしたが、日々の娘の様子や

ウンチの色などから、すぐに詳しく検査するのではなく様子を見るとのことでした。

もし元気が無かったり、ウンチの色が白色だったりする場合は肝臓に異常があるとのこ

と。でも娘は元気だし、ウンチの色も黄色だったので様子見になりました。

日本だとすぐに色々と詳しく検査するんだろうけど、ここはニュージーランド。

ゆっくりです。

子供も小さいし、無駄にストレスを与えないようにとのことで様子見に。

 2週間後にまた血液検査になり、検査しましたがビリルビン・ALT・ASTがまだ横ば

いでした。原因を探るため、尿検査をすることに。

尿検査でも問題なし。

また2週間後に血液検査と腹部エコーを撮ることになりました。

赤ちゃんの血液検査って、足のかかとのところをミニカッターのようなもので切るんで

すが、パチン!と切った後大泣きする娘。そして血が出るようにふくらはぎを絞るよう

にするんですが、それがまた痛いようで大泣き。過去に何度も血液検査してますが、大

泣きして暴れる娘を抑えるのがつらいつらい。子供が泣く顔って親は見るのがつらいで

す。でも娘の身体のためと思っていつも血液検査させてます。

血液検査は、数値が全て以前よりも下がってきていて、腹部エコーも問題なしでし

た。ただ、まだ血液検査の数値が安定してないから次は3ヶ月後の血液検査になりまし

た。先生曰く、安定するまで3ヶ月に1回血液検査をするとのこと。

まだまだ続く娘の検査。いつまで続くのやら...

今は、娘が元気にしていることが私の心の支え。

次はいい結果が聞けますように...