夢を抱き続ける

 最近まで何も考えず、ただ子供達が大きく無事に成長してくれたらなと思っていたけ

れど、自分でも何か生活に変化を求めたいと思って始めたハンドメイドのアクセサリー

製作。今は新しい趣味になっているけれど、これからどんどん腕を上げていろんな人に

使ってもらえるようにしたいなというのが私の夢。

夢に向かって頑張ってた20代前半。

海外に住みたいという幼い頃からの夢を叶えることが出来て、その後何の目的も持たず

ボケーっと過ごしてた20代後半。

29歳で長男を産み、33歳で長女を産み子育てに追われている日々が続いているけれ

ど、もうそろそろ自分の楽しむ時間も必要な時かな。

子供達の成長を見守りながら、自分の時間を持ち人生を楽しむこと。

子育てと並行して自分の時間を作ることは難しいけれど、少しづつ前進するのみ。

30代にして抱く夢。

叶いますように!!

 

 

 

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA

水のありがたさに再度気づく

 先日から家の道路の工事が始まりました。

なんでもインターネットのケーブルを歩道の下に埋める工事だとか。

朝から夕方までブルドーザやらなんやらガーガーうるさい。

皿を洗おうと水道をひねると、茶色い水が出てくる出てくる。

これは水道管のサビじゃないのかー!!

工事のせいで水道管の古いサビが水に混じってる・・・

f:id:NZBLUE:20190223080024j:plain

写真では薄い茶色。

でも初めはもっと茶色かった。

うちは水道水は飲まずいつもミネラルウォーターをストックしてあるので飲み水には困

らないけれど、お風呂や皿を洗う水は普通の水。

幼い子供がいるうちは、心配です。

隣人のインド人のおばあちゃんに聞きに行くと

「うちも茶色よ。でももう業者に連絡した。そのうち直るってだって」とのこと。

日本だったら急いで業者が来て対応するだろうけれど、ここはニュージーランド。

どうにかなるさの考え方。

そのまま待つしかなさそうです。

結局朝から出たサビ水はお昼には改善されてたけど、まだまだ工事してるから、またサ

ビ水出てくるかもしれないのでいつも水道を使う前は透明度チェック。

 普段当たり前のように使ってる水だけれど、使えなくなった時にわかるありがたさ。

水って人間にとってほんと必需品ですね。水のありがたさに再度気づいた出来事でし

た。

 

くせになるシリーズ8弾 鹿児島特産黒酢入り山川漬け

 くせになるシリーズ8弾は、鹿児島特産の黒酢入り山川漬け

久しぶりのくせになるシリーズですが、今回はお漬物。

昔はお漬物あまり食べなかったのですが、お姑さんが時々故郷の鹿児島に帰った際にか

ってきてくれるお漬物。これ、なかなか美味しいんです。

黒酢が入ってるからでしょうか。くせになる。

一度食べだす止まらなくなります。

ご飯のお供にもいいですが、お酒を飲む方は酒のつまみにもいけます。

ぜひお試しあれ!!

f:id:NZBLUE:20190216082045j:plain

 


 

新しい出発を迎えた息子へ

 先日5歳の誕生日を迎え、小学校に入学した息子へあるプレゼントをしました。

それは、ニュージーランドのマオリ文化でもあるグリーンストーン。

グリーンストーンはもらった人は幸せになるという言い伝えがあります。

グリーンストーンのデザインには1つ1つ意味があり、私は息子へKORU(渦巻き)を

選びました。KORUは写真のようにぐるぐるなった形をしていて、新しいことへの始ま

り、成長、調和という意味があります。

新しく学校生活を始めた息子へのお守りとしてグリーンストーンをプレゼント。

 

f:id:NZBLUE:20190206100452j:plain

すごく気に入ってくれていつも首からかけてくれています。

日に日に成長していく息子。

幼いままでいてほしい気持ち。

きっといつか「ババア!」なんて言われることもあるだろう。

でもババア!もありかな笑

なんて息子の未来像を想像しつつ、今の息子の成長を見守ろうと思います。


 

疲れた時には甘いもの12 チョコレートムースケーキ

 まだまだ暑い日が続いております、ここニュージーランド。

1年また1年経つたびに、どんどん夏の暑さが増していきます。

この間はちょっと暑すぎて、息子の幼稚園の送り迎えだけで大量の汗が出てきて、

着ているTシャツはビチョビチョになってました。

今日も暑い日です。

先日5歳の誕生日を迎えた息子。

ここニュージーランドは日本と違って6歳からではなくて5歳の誕生日を迎えたら小学

校に入学になります。それぞれの誕生日からなので入学の日はみんなバラバラ。

毎日が入学式みたいなものです笑

うちの子も小学校が始まりました。

今年に入っていろんなことがありすぎて暑い中毎日おつかれ気味の私ですが、

今日も疲れを吹き飛ばすために甘いものをいただきます。

これはチョコレートムースケーキ。 

f:id:NZBLUE:20190206100543j:plain

お店は韓国系のお店なのですが日本のケーキと似たところがあって、結構お祝いの日や

ケーキが食べたくなったら買いに行ってます。

ここでは私はいつもチョコレートムースケーキしか買いません。

なぜかって?このケーキが一番美味しいから。

 今日も1日甘いもので脳みそ動かして、バリバリ主婦業頑張ります!

 

おばさまたちの迫力に負けて

今週のお題「わたしの節分」

 日本にいた時節分の日になるといっつも父が弟を連れて近所の神社へ豆まきに出かけ

てたのを思い出す。豆まきが楽しいからという理由もあるだろうけれど、一番の理由は

豆が入った袋の中に一緒に入れられた当たりクジ笑

うちの近所の神社の豆まきは、豆だけ入れられた袋とは別にある紙が入ってる豆袋も投

げてくれる。その紙は神社の方が用意してくれた景品の当たりクジ。

電化製品や日用品まであるのだけれど、豆まきに集まった人たちはほとんどがその当た

りクジ目的だったに違いない。私も何度か行ったことがあるけれど、景品欲しさに手を

伸ばす人の力ってすんごい。特におばさまたちの迫力といったらスーパーでの特売品を

狙う時やデパートでのワゴンに入れられたセール品を奪い合うような女の戦いがそこに

はある!!私が最後に行ったのは中学生ぐらいだったけど、若い力よりも人生経験豊か

なおばさまたちの力の方が勝ってたなぁ。

そんなおばさまたちを見てた私ももう30過ぎのおばさん。

今度は私が当たりクジ引く番かも。中学生にはまだまだ負けない。

いつか節分に日本に帰ることがあったら神社の豆まき行ってみるかな。

 

 

病は気からというけれども...

 今週のお題「冬の体調管理」ということですが、私が住んでるニュージーランドは真

夏。今週はほんとに暑すぎて外を少し歩くだけで身体中から汗が滴り落ちてきます。

日本の冬って寒いですよねー。私はもうかれこれ10年ぐらい日本の冬を迎えてないの

ですが、毎年冬になると喉がコンコン、鼻水ズルズルでした。

幼い頃一度だけ大きな病気にかかって入院してからは、軽い風邪はひいてもインフルエ

ンザなど大きな病気になったことはありません。

特に何かをしてるというわけではないのですがね。

ニュージーランドに来てからは、風邪もほとんどかからなくなりました。

していることといったら、ちょっと頭痛いな〜とか喉がイガイガするって時は早めに

パナドールのお薬を飲んでます。このパナドールですがニュージーランドでは万能薬。

どこか痛かったり風邪ひいたときには、まずパナドールを処方されるぐらい有名なお

薬。この薬、薬局だけでなくスーパーにも売ってるので簡単に手に入ります。

どのご家庭にも常備してある薬でもあります。

日本の家族からも日本に帰国する際には買ってくるようにお願いされます。

なので私の冬の体調管理法?はパナドールかな。

パナドールを飲んではいますが子供を産んでからというもの、母として病気や怪我でダ

ウンしてはいけないと気を張っているので旦那さんがインフルエンザにかかって1週間

ダウンした時も私は元気でした。

これも病は気からですね。

これからも子供たちのために健康でありつづけたいなと思う今日この頃です。